東京でクレジットカード現金化できるオススメ業者まとめ

東京都は日本の経済の中心で、人口にしても他の地域に比べて段違いに多いと言えます。人口が多いということもあって、カード会社のマークも厳しいことが考えられます。実際に、東京都でクレジットカード現金化業者は多数あり、その中に店舗を構えている業者もいるようです。ここでは、クレジットカード現金化の実店舗の現況を解説します。

クレジットカード現金化を行うなら現金化業者を利用しよう

クレジットカード現金化自体は違法ではありませんが、カード会社は明確に現金化を禁止しています。カード会社は24時間265日利用者のカードの利用状況をシステムでチェックしています。

新幹線の回数券やAmazonギフト券など換金性が高い商品を購入した時は、厳しいチェックが入り、カード会社から電話連絡が入ることがあるでしょう。現金化利用がばれた時は、カード利用停止などのペナルティが課せられるでしょう。

現金化業者は、換金性の高い商品を購入しなくても現金化が可能なキャッシュバック方式を採用しています。キャッシュバック方式とは、現金化業者が指定した商品を購入することで、現金が還元される方式のことです。現金化業者を利用することで、利用停止のリスクを減らすことができ、安全に現金を得られます。カードトラブルを避けたい場合は、現金化業者に任せるのも一つの手です。

クレジットカード現金化は業者に依頼するか自分で行うかの2通りがある

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードのショッピング枠を活用して現金に換える方法のことです。具体的な方法としては、現金化業者に依頼する方法と自分で現金化を行う方法の2通りがあります。ここでは、この2通りの方法について詳しく解説いたします。

現金化業者に依頼する方法

現金化業者に依頼する方法は、業者が指定した商品をクレジットカードで決済することで、すぐに銀行口座に振り込んでくれるという仕組みです。現金化業者に依頼する場合は、換金性の高い商品を購入することなく現金化が可能なので、クレジットカードの利用停止のリスクを抑えられます。

自分で現金化を行う方法

自分で現金化を行う方法は、高く売れそうな商品を自分で選んでそれをクレジットカードで購入し、買取業者に買い取ってもらうことで現金を得る仕組みです。ここで注意しないといけないのが、クレジットカードの利用停止のリスクが高くなることです。

換金性の高い商品でないと高く売れないので、必然的にそういうものを頻繁に買うことになるでしょう。そうなると、カード会社に現金化をしていることがばれてしまい、何らかのペナルティが課せられる可能性が出てきます。

クレジットカード現金化の手続きは4ステップで済む

クレジットカード現金化を行う手続きは4ステップで済むので、とても簡単だと感じるかもしれません。手順をしっかり理解したうえで、現金化を行うようにしましょう。必要なものは本人名義のクレジットカードと運転免許証などの写真付き身分証明書、銀行口座の3点です。

step
1
申込

ネットでクレジットカード現金化を申し込む時、現金化業者の申込フォームに名前や住所、メールアドレスなどを入力します。電話で申し込む時は、これらの情報を業者に伝えれば良いでしょう。

step
2
本人確認

写真付きの身分証明書などを用いて本人確認を行います。本人確認は、クレジットカードの不正利用を防ぐために行っています。

step
3
商品の購入

現金化業者が指定した商品をクレジットカードにて購入しましょう。

step
4
現金の振り込み

商品を購入したことの確認が取れ次第、現金が振り込まれます。この現金は商品を購入した見返りに、キャッシュバックされたものです。そのため、購入した商品を受け取る必要があります。

店舗型の現金化業者にはいくつかデメリットがある

来店が必須になる

店舗型の現金化業者は古物商として営業しているため、現金化を行う場合は来店しないといけないのです。店舗近くに住んでいればよいですが、そうでない場合は交通費が別途かかります。店舗型は営業時間が明確にあり、定休日が設定していたりするので、来店前に営業時間と休日かどうかを確認する必要が出てくるでしょう。

ネット型に比べて換金率が低くなる

お客さんを集客するために、立地条件が良い繁華街やターミナル駅前に出店する必要があるので、店舗維持コストが高くなりがちです。ネット型に比べて固定費がかかるので、現金化する時の換金率が低い傾向にあります。なるべく高い換金率で安全性を確保したい場合は、ネット型の現金化業者の方が良いでしょう。

クレジットカード利用停止のリスクがある

店舗型の現金化業者は、新幹線回数券やブランド品などを転売することで現金化を行っているわけです。これらの商品は換金性が高く、カード会社の監視システムに引っかかる可能性があるので、場合によりクレジットカード利用停止のリスクがあります。カード会社から電話がかかってきた時に、スムーズに応対できない場合は、利用停止などの重いペナルティが課せられることにもなるでしょう。

東京都で店舗型のクレジットカード現金化を行う|2つの注意点

最大換金率のあおりに注意したい

東京都ではさまざまな現金化業者が店舗を出しています。そのため、競争が激しく高額な換金率であおっている現金化業者が多数あります。ただ、最大換金率が高いからと言っても、全体的な換金率が高いわけではないので、誇大広告には十分に注意してください。誇大広告に釣られるのではなく、自分が利用する金額での換金率に注目しましょう。

店舗がある場所が分かりにくい

東京都での店舗型の現金化業者は、主要な繁華街や巨大ターミナルの周辺であれば、店舗が出ていると言っても良いでしょう。ただ、テナントビルに入っていることが多く、店舗の場所が分かりにくい可能性があります。実際にテナントビルに行っても、実際に店舗がある階層に上がってみないと、実際の店舗があるのかが分からないのです。実際に店舗を探すまでに時間がかかる可能性があるでしょう。

東京都でおすすめのクレジットカード現金化業者|まとめ

東京都の場合は、池袋・新宿・上野・高田馬場・渋谷などの繁華街から、神田や錦糸町などのビジネス街にも幅広く店舗型の現金化業者が存在します。東京23区内に店舗型の現金化業者が存在するので、立川や八王子などの周辺都市に住んでいる場合は、東京23区内の店舗に行くという考え方もあります。店舗を複数持っている現金化業者もあって、創業年数が長いところも存在しているでしょう。

東京の実店舗でクレジットカード現金化を行う場合は、大抵の場合指定商品の購入を促す形になります。一番多いパターンは東京大阪間の新幹線チケットでしょう。指定商品を別の場所で購入してもらうことで、カード会社からの注意をそらすことを目的にしています。

東京の実店舗でクレジットカード現金化を行う場合の換金率は85%ということで、他のエリアに比べても比較的高いと言えます。この要因として挙げられるのは、新幹線のチケットを買い取る仕組みが出来上がっているからです。東京の新幹線チケットは、他のエリアとは比べ物にならないくらいの需要が高いため、その分高い換金率でも商売ができるということです。

ただ、実店舗での営業時間は18時までのところが多く、遅くとも20時までには閉店するので、早めに店舗に出向くようにしましょう。実店舗での現金化を検討している場合は、営業時間と定休日に気を付けながら店舗に行くことです。東京都の場合は、実店舗の業者でもネットの業者でも比較しながら利用できるという側面があります。

以上、東京でクレジットカード現金化できるオススメ業者まとめ…でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金田一 学

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-地域のクレジットカード現金化業者