アマギフトの口コミ評判から分かる安全性!換金率・系列・振込時間

アマギフトの口コミ評判から分かる安全性!換金率・系列・振込時間

公式URL
https://ama-gift.com/

アマギフトはamazonギフト券などのデジタルギフト券の買取現金化を考えている人にとっては、非常に魅力的なサイトとなっています。

amazonギフト券などは街中にあるチケットショップでの取り扱いが終了しているため、現金化する場合には信頼できる買取サイトを使うのがほぼ唯一の方法となっています。

アマギフトはネット上に無数にある買取サイトの中でも特に評判の高いところなので、ギフト券現金化を考える際はまずはアマギフトの仕組みや魅力をよく調べてみるといいでしょう。

アマギフトの運営会社の信頼性は?

アマギフトを運営するのは「お魚通販.com株式会社」という一風変わった名前の会社です。

個性的なネーミングですが、実はこの会社はアマギフトの他にも多数のデジタルギフト券買取サイトを運営している買取業界の大手企業となっています。

つまりお魚通販.com株式会社が様々なグループサイトをブランド展開しているうちの一つがアマギフトということになります。

そうした背景からアマギフトの信頼性は非常に高いと言っていいでしょう。

もちろん東京公安委員会からの許可番号など、デジタルギフト券買取に関する一連の法的許可もクリアしているため安全性については何の問題もありません。

アマギフトだけが持つ特徴

出品者と購入者を結びつけるマッチング形式の買取サイト

アマギフトではamazonギフト券などのデジタルギフト券を売りたい人と、買いたい人とをマッチングさせることで買取現金化を行うシステムになっています。

一般的な業者が直接買取と販売を代行するタイプの買取サイトと比べると、業者の手数料が抑えられるため買取率が高くなる傾向があります。

数多くのデジタルギフト券を高い換金率で現金化できる

アマギフトはアマゾンギフト券の他にも様々なタイプのデジタルギフト券現金化に対応しています。

公式サイト上で確認できるデジタルギフト券だけでも12種類にも及ぶため、大抵のデジタルギフト券はアマギフトで現金化できると考えておいていいでしょう。

特に最近利用者の増えているPayPayのギフト券やNetflixのギフト券はそのサービスを利用しなくなった際には無駄になってしまうので、それらの現金化に対応しているアマギフトで買取に出してしまうのがお勧めです。

24時間の申し込みに対応

アマギフトの利用申し込みは24時間受付となっています。

通常の買取サイトが営業時間外になってしまった場合でもアマギフトならいつでも申し込みを行うことが可能です。

ただし現金化の手続きそのものはアマギフトだけで完結するわけではなく、現金の振込先となる銀行などの金融機関の対応状況も考えておく必要があります。

口座によってはアマギフトからの入金が反映されるまでに時間がかかってしまう場合もあるため、少しでも早く現金を引き出したい時は入金に使う口座にも注意しておくようにしましょう。

アマギフトのここがメリット

デジタルギフト券の買取だけでなく購入も可能

アマギフトはギフト券買取サイトの一種ですが、その仕組みはギフト券の出品者と購入者の仲介をするフリマサイトに近い形式になっています。

つまり出品者としてギフト券を買取現金化するだけでなく、購入者としてギフト券を格安で手に入れる機会もあることになります。

実際にアマギフトでのギフト券落札価格は額面よりも安くなることがほとんどなので、少しでも節約をしたい人はアマギフトを活用することで日々の買い物をかなり楽にすることができるでしょう。

買取率や購入価格を自分のタイミングで判断できる

普通のデジタルギフト券買取サイトは業者側が買取率を設定しているため、利用者が自分で買取率を決めることはできません。

しかしフリマサイト形式のアマギフトでは、デジタルギフト券の買取率や販売価格は需要と供給のバランスによって毎日変動しています。

つまり買取率が上がっているタイミングで出品すればより効率的な現金化をすることができるというわけです。

もちろんデジタルギフト券の購入時も販売価格が下がっているタイミングを見計らうことでお得にデジタルギフト券を入手することができるようになります。

アマギフトでの具体的な買取率とは?

アマギフトでは自分が出品するデジタルギフト券の販売価格を額面の60.0%〜99.9%の間で自由に設定できるようになっています。

そのため理論上は買取率99.9%を実現できることになりますが、売上の効率やアマギフトへの手数料などを考えるとこれは現実的とは言えません。

実際の現金化効率という意味での買取率となると、大体75%〜85%程度を目指すのがお勧めです。

この辺りの買取率になるように出品金額を設定すると大抵は即日のうちに買取が成立するため、それだけ現金を入手するまでの時間を短くすることができます。

アマギフトでの現金振込までの時間は?

アマギフトでは買取が成立したあと、出金申請を行うことで初めて講座への入金が開始されます。

この出金申請はいつでも行うことが可能ですが、9時〜19時以外の時間帯は手続きが遅れる場合があります。

9時〜19時の間に出金申請を済ませた場合は基本的に30分以内に出金が完了しますが、銀行側が営業時間外の際は翌営業日まで反映が遅れることもあるので注意しましょう。

また一部の指定口座であれば24時間出金に対応しています。

対応するのは「ゆうちょ銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行」となりますが、対応状況は時期によって変化することもあるので事前にアマギフトの公式サイトで確認しておくようにしましょう。

アマギフトでamazonギフト券などを購入するまでの流れ

step
1
アマギフト公式サイトに会員登録を行う

まずはアマギフトの公式サイトから会員登録をしておきましょう。

会員登録は無料となりますが、登録に際しては身分証の提示と携帯電話番号が必須となっています。

また登録可能年齢は成人年齢の引き下げにより満18歳からとなります。

step
2
アマギフトの指定口座に現金をチャージする

アマギフトでのデジタルギフト券購入のためには、事前にアマギフト側に現金をチャージしておく必要があります。

現金振込をしたあと「チャージ申請」をして、アマギフト側が入金を確認するとチャージが反映され残高が表示されるようになります。

step
3
チャージ残高の範囲内でデジタルギフト券を落札する

チャージが終わったら出品されているデジタルギフト券の中から好きなものを選んで「購入」をクリックしましょう。

無事に落札できればデジタルギフト券の有効化番号が送信されてきます。

amazonギフト券の場合は16桁の番号ですので、手打ちではなくコピーアンドペーストで管理するようにしましょう。

step
4
30分以内に自分のアカウントに番号を登録する

購入したギフト券の番号は該当するサービスの自分のアカウントにすぐに反映させるようにしましょう。

時間を置いてしまうと、万が一その番号が無効だった場合の対応が難しくなります。

step
5
アマギフトに「確定報告」をして取引完了

確定報告とは購入したデジタルギフト券の番号が問題なく使用できたことをアマギフト側に通知するためのシステムです。

購入後、30分以内に「確認済」のボタンをクリックすることで確定報告を行うことができます。

この確定報告は無効番号のギフト券を出品する悪質な利用者を排除するためにも非常に大切なものなので、しっかり実行して気持ちよく取引を終えるようにしてください。

amazonギフト券をアマギフトで出品する流れ

step
1
アマギフト公式サイトに会員登録を行う

出品する場合も購入時と同様に会員登録が必要になります。

身分証と携帯電話番号も必須ですので、事前に有効なものを調べて用意しておきましょう。

step
2
出品するデジタルギフト券の必要情報を提示して審査を受ける

amazonギフト券の場合、入力する必要情報は「券種・ギフト券番号・額面・販売価格・有効期限」になります。

amazonギフト券は特に券種が多いので、自分が出品するものがどの種類に当たるのかはよく確認しておくようにしましょう。

また有効期限がわからない場合も「不明」と入力して審査に出すことは可能です。

step
3
出品手数料を確認する

アマギフトでは出品の際にデジタルギフト券の額面金額の2%を手数料として徴収しています。

以前は0.9%という非常に低い手数料が設定されていましたが、2022年4月からは2%に改定されています。

2022年以前にアマギフトを使ったことがある人は特に注意して確認しましょう。

step
4
買取成立後にチャージ残高の増額を確認する

出品したギフト券が落札されると、落札価格から手数料を引いた額が出品者のアマギフト残高にチャージされます。

自分で入金してチャージ残高が変化していると買取成立に気づかない可能性もあるので、反映前の残高はしっかり覚えておくようにしましょう。

step
5
出金手続きをして現金を入手する

売却金が残高にチャージされたのを確認したら、出入金ページから「出金する」を選択して出金手続きを行いましょう。

出金手数料は一律で300円となっているため、ある程度まとまった金額を一気に出金する方がお得です。

アマギフトの不安要素について

出品機能がメンテナンスに入ることがある

アマギフトでamazonギフト券などを現金化するためには出品機能を使うしかありませんが、実はアマギフトの出品機能は何度か長期メンテナンスに入り使えなくなっていたことがあります。

出品機能が使えないと買取現金化目的では利用できなくなってしまうため、定期的に出品機能がメンテナンスに入っていないかを確認しておく必要があるでしょう。

ただし不思議なことに購入機能に関しては出品機能が止まっている間も使うことができていました。

これはアマギフトを運営する会社が他にも多数のギフト券買取サイトを持っていることから、ギフト券の在庫を流すことができていたとも考えられます。

しかし本当の事情はわからないため、システム面に不安を抱えていることは確かです。

悪質な出品者に当たってしまうリスクがある

アマギフトは出品者のデジタルギフト券番号をそのまま受け取るシステムになっているため、悪質な出品者の番号を意図せず購入してしまうリスクがあります。

単に無効な番号を購入してしまっただけならアマギフト側が保証をしてくれますが、最悪なのは犯罪性の高いギフト券番号をアカウントに登録することで関与を疑われアカウント停止といった処分に巻き込まれる危険があることです。

特にamazonはその辺りの不正ギフト券利用に厳しいため、アマギフトで購入したamazonギフト券を普段使いしている本アカウントに登録するのは避けておいた方がいいでしょう。

アマギフトに関するよくある質問

会員登録に必須となる条件はありますか?

満18歳以上であることがアマギフトを利用するための必須条件となっています。
これは古物の買取を行うための法律で決められているため、必ず守るようにしてください。

本人確認の身分証明書はどんなものが必要になりますか?

年齢確認の可能な身分証のアップロード提出が必要になります。
有効な身分証の種類は公式サイトに明記されていませんが、運転免許証などの顔写真つきの身分証であればほぼ確実に利用できます。

入金の具体的な手順は?

会員登録後にログインして「チャージ金」の項目から「入金する」を確認します。
そこに「整理番号」という数字が記載されているので、アマギフトが指定する口座に「整理番号+登録名義」の振込名義で現金振込を行なってください。
たとえば整理番号が「1234」で登録名義が「ヤマダタロウ」なら「1234ヤマダタロウ」が振込名義となります。

出金の具体的な手順は?

ログイン後に「チャージ金」の項目から「出金する」を選び、出金希望額を指定して出金申請を行います。
申請が受理されると利用者の口座に「オサカナツウハンドツトコム(カ」の名義で現金振込が行われます。

デジタルギフト券の購入後キャンセルは可能ですか?

出品されていたデジタルギフト券番号は落札購入した時点で購入者のものとなり、キャンセルは不可能となっています。
購入後に番号がエラーで利用できないといったトラブルが起こった際は、購入から30分以内にアマギフトにエラー報告を行なってください。
エラー報告が受理された場合は出品者との間で問題が解決するまで、購入代金の支払いが一時保留となります。

まとめ:アマギフトは規模も魅力も最大級の買取仲介サイト

アマギフトは業界最大手の運営会社が手掛ける、出品と購入を仲介するマッチング形式としては最大級のデジタルギフト券現金化サイトです。

通常の業者が買取を行うサイトと比べると少し手間は増えますが、その代わりより魅力的な買取率でデジタルギフト券を現金化できる可能性は高いと言えるでしょう。

特にamazonギフト券は人気が高いため、こうしたマッチング形式の現金化サイトと相性がいいのは間違いありません。

  • この記事を書いた人
金田一 真奈美

金田一 真奈美

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-ギフト券買取業者