【サービス終了】後払いPAPI(パピ)の口コミ評判を調査!

現在はサービスが終了してしまったPAPI(パピ)は、FXの取引に使えるチャートソフトを、代金後払いで購入できる業者でした。

急いでお金が必要という場合、ギフト券の発送前にお金を振り込んでもらえるという特徴がありましたがサービスが終了していますので、

  • とにかく急ぎで現金がほしい人
  • 即日後払い現金化サービスを探している

なら「アシストpay」や「即日アリアちゃん」など安心して使える後払いサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

\おすすめサービス/

比較アシストPAY

後払いサービス

即日アリア

後払いファクタリング

i-Market

先払い買取サービス

特徴最短振込15分
ブラックでも可
最短振込10分最短振込30分
在籍確認なしなしなし
営業時間10:00~20:00
年中無休
7:00~22:00
(土日祝も営業)
10:00~19:00
年中無休
初回還元率記載なし初回:90%
2回目以降:82~84%
商品によって変動
公式

公式

公式

公式

PAPI(パピ)は購入した商品の口コミレビューを投稿することで、宣伝協力費という名目で現金を受け取ることができるサービスです。

このページでは主に、

といった内容で、調査しました。

PAPI(パピ)は、以前はPAPICO(パピコ)という屋号で運営されておりましたが、PAPI(パピ)に名称を変え、公式HPもリニューアルされました。

後払い・現金化サービスの利用を検討されている方は、是非参考にしてください。

PAPI(パピ)の会社概要

PAPI(パピ)の運営会社情報は、下記の表のとおりです。

運営会社名不明
会社所在地大阪府大阪市中央区玉造1-4-10-1102
電話番号03-3525-7218
メールアドレスinfo@papico-ea.com

公式HPに掲載されている運営会社情報は、会社所在地・電話番号・メールアドレスのみです。運営会社名・代表者氏名の記載はありません。

気になるのは、住所と電話番号の整合性がない点です。住所は大阪府ですが、電話番号は東京都の市外局番になっております。

本社が大阪にあり、電話受付を東京の営業所で一括しているということなのでしょうか?真相は分かりませんが、運営会社情報としては、信憑性に欠けると思わざるをえません。

また、営業時間が未記載のため、電話での問い合わせが可能な曜日・時間帯も不明です。

PAPI(パピ)の口コミ評判

PAPI(パピ)を実際に申し込み、使ったことがある方の口コミ体験談を、5chの掲示板で調査しました。
なお、前身のPAPICO(パピコ)の情報も合わせて調査しております。
パピの換金率に関する口コミ評判
・パピコ申し込んだら3万円の商品で2.1万円の宣伝協力費だった、還元率業界一かも。
・4.7万円の商品購入して2.9万円の宣伝協力費だったよ

PAPICO(パピコ)のものですが、還元率に関する口コミ情報が見つかりました。
3万円の商品を後払い購入し、口コミ投稿することで2.1万円の宣伝協力費をもらえるようです。

この場合70%の還元率になります。他社の後払い・現金化サービスは、50~60%程の還元率となる場合が多いので、確かに業界一の還元率といえるかもしれません。

しかし、4.7万円の商品を後払い購入し、口コミ投稿後にもらえる宣伝協力費が2.9万円だと、還元率は61.7%となります。
これでも他社サービスと同等ほどではありますが、前述した3万円の商品の場合と比べると、かなり還元率が下がります。

系列会社のサービスだと思われる、Aladdin(アラジン)のサービスは、2回目以降の申し込みは還元率が下がるとの口コミ情報も見受けられました。

PAPI(パピ)も同様に、2回目以降の申し込みは、還元率が下がるのかもしれません。
複数回の申し込みを検討している方は、引き続き情報収集した方がよいでしょう。
パピの振込スピードに関する口コミ評判
・1時間かからず完結して早かったよ!

申し込み開始から振込まで1時間かからなかった、との口コミ情報が何件か見受けられました。
ただし、運営会社の営業時間が不明なので、お急ぎの場合は、平日の日中に申し込んだ方がよさそうです。
パピのスタッフ対応に関する口コミ評判
・パピの支払い期日過ぎてるけど、連絡がない。こちらから電話した方がいいのかな?
・パピ、ルイス、アラジン、アポロは全部同じ系列だよ
・パピコがパピにリニューアルしてる!
・パピは忙しくて審査が甘いみたい。系列業者の支払い飛ばしてるのにバレなかった
・申し込みフォームがエラー起こしてるみたいで、電話したらLINE教えてくれた
・LINE既読になったけど返信こない。忙しいのかな
・在籍確認はないので、LINEで書類送ってくださいって言われて送ったのに返信こない

PAPI(パピ)のサービスを申し込みした後は、LINEでの連絡が主になるようです。
また、公式HPの申し込みフォームにエラーが起きてるとの口コミ情報が、数件見受けられました。

新規で申し込みしたい方は、電話をかけるとLINE IDを教えてくれるようです。参考にしてみてください。

パピ後払い現金化の5ch評判は?

それでは、大型掲示板5chにおいての、パピの評判はどうなのでしょうか?一通り調べてみました。

パピ後払い 5ch

パピに対するスレッドや書き込みは、あまり見受けられませんでした。上記を見る限り、パピの5ch評判は上々のようですね。

PAPI(パピ)が後払い現金化に最適な5つの特徴紹介

PAPI(パピ)の特徴は、以下の5点です。

それぞれ、見ていきましょう。
FXの運用に便利なチャートソフトを購入できる
PAPI(パピ)で購入できる商品は、FXの取引に使えるチャートソフトです。
FXとはForeign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引と呼ばれる金融取引の手法を指します。

PAPI(パピ)が販売しているPAPI-EAというソフトは、チャート分析ができることと、チャート上で発注(FXの取引をする)機能があることが特徴となっております。

  • 自分で好きな数のチャートを自由に設定できる
  • ほぼ全てのテクニカル分析インジケーターをカバーしている

以上の理由から、多くのトレーダーに愛用されている、とのことです。
PAPI-EAには8種類のソフトがあり、それぞれの細かな特徴は公式HPに記載されております。
チャートソフトの性能を比較したい方は、公式HPでご確認ください。
宣伝協力費という名目で現金調達が可能
PAPI(パピ)は、FXの取引に使えるチャートソフトを購入し、購入した商品の口コミレビューを投稿することで、宣伝協力費という名目で現金調達が可能です。

そのため、借入をせずに現金調達ができます。
在籍確認がない
PAPI(パピ)で商品を代金後払いで購入するには、簡単な審査が必要です。
しかし、PAPI(パピ)独自の審査基準を設けられており、お勤め先への在籍確認はありません。

誰にも知られずに、現金調達できることが特徴です。
金融ブラックでも利用できる
PAPI(パピ)のサービスでの現金調達は借入ではないので、金融ブラックになっている方でもご利用いただけます。
簡単な審査はありますが、毎月安定した収入があることが確認できれば、審査に落ちることはないでしょう。

ただし5chの掲示板には、系列サービスの支払いが遅延していると審査に落ちることもある、との口コミ情報もありました。

PAPI(パピ)の申し込みを始めるまえに、他サービスの清算を済ませておく必要がありそうです。

後払いの支払い期日を選べる
PAPI(パピ)は、商品の購入代金の支払い期日を、契約日から最大1ヵ月後の間で都合のいい日を自由に選んで設定できます。
給料日までのピンチをしのげ、余裕を持って支払いすることができるでしょう。

給料日当日を支払い期日に設定すると、バタバタしてしまい、支払い手続きができないこともあるかもしれません。数日の余裕をみて、支払い期日を設定することをおすすめします。

無金利なので、期日内でしたらいつ支払っても支払い金額が膨らむことはありません。

PAPI(パピ)の換金率・振込までの時間について

PAPI(パピ)で購入できる商品の販売価格と、それぞれの宣伝協力費の金額は以下の表のとおりです。

商品名販売価格宣伝協力費
ジュピター30,000円21,000円
マーズ30,000円21,000円
ビーナス50,000円21,000円
マーキュリー50,000円21,000円
ウラヌス50,000円申し込み時に確認
ネプチューン50,000円申し込み時に確認
プルート50,000円申し込み時に確認
サタン50,000円申し込み時に確認

公式HPには、各商品毎の宣伝協力費の金額は記載がなく、インターネットの情報をもとに記載しました。

申し込み時に詳細を確認するよう、お願い致します。

振込までの時間

公式HPに記載されている情報によると、申し込みから最短15分での振込が可能となっております。

ただし、運営会社の営業時間が不明のため、申し込みの曜日や時間帯によっては対応が遅れることも予想されます。

当日中に宣伝協力費を受け取りたい場合は、平日の日中に申し込むことをおすすめします。

PAPI(パピ)の後払い現金化までの流れ

PAPI(パピ)の申し込みから、現金化までの流れは以下の4ステップです。事前に準備しておいた方がよいものもありますので、参考にしてください。

step
1
公式HPの申し込みフォームに記入

申し込みは、公式HPの申し込みフォームからおこないます。名前や住所などの基本情報の他に、以下の内容の入力が必要です。

  • 賃貸物件にお住まいの場合は家賃額
  • 購入物件にお住まいの場合はローン残高
  • 勤務先情報(勤務先名、連絡先、住所、従業員数、雇用形態、勤続年数、手取り月収、賞与の有無、健康保険の加入状況)

これらの情報を手元に用意したうえで、申し込みを始めましょう。また、5chの掲示板には、公式HPの申し込みフォームがエラーを起こしているとの口コミ情報が多数見受けられました。

一度試してみて、まだエラーが改善されていないようであれば、電話で問い合わせてみましょう。LINE IDを教えていただけるようです。

step
2
支払い手続き(後払いの場合は審査あり)

申し込みフォームを送信ししばらくすると、運営会社の担当者から連絡がきます。

運営会社の営業時間帯が不明のため、申し込みの曜日や時間帯によっては、折り返しの連絡が遅くなることが考えられます。

商品の説明を聞いたうえで、納得したら購入手続きに進みます。各商品の詳細は公式HPにも記載されておりますが、FXに関する知識がないと分からない用語もあるかと思います。

FX初心者の方は、疑問点を担当者に確認しておいた方がいいかもしれません。

購入代金の支払い方法は、後払い・銀行振込から選択できます。
後払いの場合は審査があり、以下の書類の提出が必要です。

  • 顔写真付きの身分証明証(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 健康保険証(国民健康保険証、社会保険証など)
  • 直近1カ月の給与の振込確認書類(給与明細、通帳明細)

step
3
ソフトをダウンロード、レビュー投稿

審査を通過し、購入手続きが完了したら、ソフトをダウンロードするリンクが送られてきます。商品をダウンロードした後、マイページよりレビューを投稿します。

step
4
指定口座に宣伝協力費が振り込まれる

運営会社がレビュー投稿の確認をし、指定口座に宣伝協力費が振り込まれます。

現在、公式HPには宣伝協力費の金額については記載がありません。トラブルにならないように、申し込み時に担当者にしっかりと確認してください。

PAPI(パピ)の後払い現金化を利用する前に注意しておきたい5つのこと

PAPI(パピ)を利用するにあたって、考えられる不安要素・デメリットは以下の5点です。

利用の前に、それぞれ確認しておきましょう。
運営会社名・代表者名が記載されていない
公式HPに、運営会社名・代表者名が記載されていないのは、不安要素の1つです。

また、記載されている住所と電話番号の整合性が合わないことも気になるところです。どのような会社が運営しているのかわからないと、不安に感じてしまいます。
手数料大幅ダウンキャンペーンの詳細が不明
公式HPには、「新規のお客様に限り手数料大幅ダウンキャンペーンを実施中です」との記載があります。しかし、キャンペーンの詳細については記載がなく、元々いくらだった手数料がいくらまで下がっているのかは不明です。

詳細がわからないと、利用者を増やすためのキャンペーンのはずが、見る人によっては逆に不安要素となってしまいます。

利用者側から問い合わせなくても、詳細がわかるようにしておいて欲しいものです。
宣伝協力費としてもらえる金額が不明
公式HPには、各商品ごとのレビュー投稿の宣伝協力費としてもらえる金額が記載されておりません。

インターネットには情報が載せられているサイトもありましたが、恐らく前身のPAPICO(パピコ)のサービス情報を転用しているものだと思われます。

宣伝協力費の金額が、利用者にとっては1番気になるところなはずです。あらかじめ、公式HPに記載しておいてほしいものです。
パソコンが必要
PAPI(パピ)で購入できるチャートソフトを使ってFXを運用していくには、パソコンが必須となります。
商品の概要ページには、推奨されるパソコンのスペックについても記載してあります。

現状でパソコンを持っていない方には、利用できないサービスだといえます。
FXに興味がないと購入しても難しいかも?
FXの運用は、投資の中の1つのジャンルです。FXや投資に興味がないと、そもそも購入しても意味をなさない商品になってしまいます。

宣伝報酬額をもらえるメリットはあれど、興味がない商品を購入するのは、気が進まない方がほとんどではないでしょうか?

商品購入を機にFXの運用を始めるのもいいですが、初心者には用語の1つ1つが難しく、金融知識を勉強する必要があります。

これからFXの運用を始める方は、webサイトや書籍などで、少しずつ知識をつけながら運用していきましょう。

PAPI(パピ)の後払い現金化についてまとめ

PAPI(パピ)の口コミ体験談まとめ
PAPI(パピ)は前身のPAPICO(パピコ)時代から含めると、口コミ体験談も多く見受けられ、たくさんの方々が利用しているサービスであることがうかがえます。

しかし、運営会社情報の信憑性がない点や、宣伝協力費の金額が不明な点など、いくつか不安要素もあります。

PAPI(パピ)の利用を検討されている方は、他社サービスの情報収集もしながら、比較検討した方がよさそうです。

  • この記事を書いた人
金田一 真奈美

金田一 真奈美

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-後払い現金化