iTunesカード買取の仕組み!換金率・買取の流れ・手数料について

iTunesカード買取の仕組み

tunesカード買取サイトを利用すれば、簡単にiTunesカードを現金にかえることができます。

使用しないiTunesカードを何とかしたい、金額を間違えてカードを購入してしまった、といったケースはもちろん、クレジットカードの現金化をしたい場合にも便利です。

ですが、iTunesカード買取の仕組みが解らず不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では

について詳しく解説していきます。

itunesカードの買取の仕組みは?査定や買取金額について

ポイント

itunesカード買取サイトでは「各カードのギフト券番号を、買取率に応じた金額で買い取る」のが基本です。
買取の際にはそのギフト券番号を業者に伝え、その後現金を振り込んでもらうという仕組みになります。

itunesカードには、メールタイプやカードタイプなど色々な種類がありますが、価値があるのはそのギフト券に記載されている番号であり、メールやカードそのものには価値がありません。
中古ショップに何かモノを売る場合、査定の際には「状態」や「モノの価値」によって買取金額が決まりますが、itunesカードには有効期限がなく、またギフト券番号が記載されたメールやカードが古くとも金券としての価値は変わらないため、昔発行したものだからといって買取金額が低くなることはありません。

今日発行したばかりのカードであっても、1年前に発行したカードであっても、同じ業者に売れば買取金額は変わりらないというわけです。

買取率の仕組みについて

買取率とは、そのカードの額面の何%を現金として受け取れるのかという目安のこと。

たとえば、買取率90%の業者に10,000円分のitunesカードを売却する場合、振込金額は9,000円となります。

ポイント

この買取率は日々変動する仕組みになっており、itunesストアのセール日など、itunesカードの需要が高まる時期には買取率も高くなる傾向にあります。

この買取率はどこで見られるのかというと、各買取サイトのHPです。
買取サイトでは毎日買取率の掲示を行っており、たとえばそこに90%と記載されていたなら、その日は額面に対し90%での買取となります。

日付が変わると、買取率が上がったり下がったりしますから、この点には注意しなければなりません。できるだけ買取率の高い日に売りたいところです。

買取率を掲載するというのは、ギフト券買取サイト特有の文化となっています。店舗型のショップでは査定が終わるまで買取率がわからないこともありますし、オークションサイトには買取率というものは存在しません。

オークションサイトは一種のギャンブルで、買取サイトの買取率よりも高いパーセンテージで売れることもあれば、額面の半額以下の値段しかつかないこともあります。

絶対に損をしたくないという方や、申し込み前に買取金額を知りたいという方は、ギフト券買取サイトを利用した方が良いでしょう。

ギフト券番号はどこに書いてあるの?

ギフト券番号とは、itunesカードのスクラッチを削った部分に記載されている16桁の英数字のことです。

買取サイトでは、その文字の羅列を取引することになります。メールタイプの場合には、メール内にギフト券番号が記載されていますので、チェックしてみてください。

買取サイトや金券ショップにitunesカードを売却する際には、ギフト券番号を間違えてしまわないよう注意が必要です。

ポイント

買取サイトを利用する場合は、査定の段階でギフト券番号を業者にメールで送信することになりますが、このとき番号を間違えて入力してしまうと、「無効なギフト券番号を売ろうとした」ということになってしまいます。

買取サイトは無効のギフト券を売る行為=空売りに非常に神経質になっているため、一度でもミスをしてしまうと「出禁」になってしまうことも。

送信の際には番号に誤りがないか、必ず確認した方が良いでしょう。

itunesカード買取の仕組み・流れを媒体別で紹介

では実際にitunesカードを売る場合、査定や振込までの流れはどのようになるのでしょうか?

4つの媒体について、それぞれ解説いたします。

買取店舗での流れ

店舗型のチケットショップにitunesカードを売る場合、現物を店舗に持ち込み、査定を依頼し、買取金額に納得がいけば現金を受け取るという流れとなります。

店舗買取の流れ

  1. 店舗で査定を依頼する
  2. 査定終了後、身分証明書を提出
  3. 書類に名前や住所を記入する
  4. 現金を受け取る

店舗型ショップに限らず、itunesカードを業者に売る際には身分証明書の提示が必要です。多くの場合、査定終了後に身分証明書の提出と書類への記入を行うことになります。

身分証明書の提出ができない場合には、買取を断られてしまう可能性が高いので、免許証や保険証などを必ず持っていくようにしてください。

なお、店舗型のチケットショップではそもそもitunesカードを取り扱っていないことも多いです。ギフト券番号の有効性を確認するには専門的な技術が必要で、それを導入するにはかなりのコストがかかります。

そのため、全国チェーンの買取サイトでも「itunesカードやAmazonギフト券は買取不可」となっていることが多いのです。

店舗型ショップでitunesカードを売りたい場合には、そのお店がitunesカードを取り扱っているかどうかを事前に確認しましょう。

オークションサイトでの流れ

Yahoo!オークションなどのサイトでitunesカードを売る場合は、まずそのサイトのアカウントを作成したうえで、出品手続きを行ってください。

商品のイメージ画像を撮ったり、落札後は商品の発送手続きを行ったりしなければならないため、店舗型ショップで売るよりも少々手間がかかります。

オークションの流れ

  1. itunesカードを出品する
  2. 落札者の連絡を待つ
  3. 落札者の情報を確認し、連絡を入れる
  4. 送料などの条件などについて確認を行う
  5. 落札者からの入金が確認でき次第、商品の発送を行う

オークションサイトの特徴は、商品が相場以上の価格で売れることもあれば、相場以下の値段がつくこともあるということです。ギフト券売買とは、少々相性が悪いとも言えるかもしれません。

落札されるかどうか自体も運次第ですし、itunesカードを売る方法としてはあまりおすすめはできません。

フリマサイトでの流れ

商品の画像を撮影したり、発送手続きを行ったりしなければならないという点では、フリマサイトはオークションサイトに似ています。

しかし違うのは、フリマサイトでは商品の値段を自分で決定することができるということ。

たとえば、10,000円分のitunesカードを9,900円で売るということもできますし、さらに欲張って額面以上の値段をつけることもできます。

価格設定を自分でできるというのが、フリマサイト最大のメリットです。

フリマサイトでの売買の流れ

  1. itunesカードを出品する
  2. 購入希望者と連絡を取り合い、送料などの条件を確認する
  3. 購入が確認できたら商品の発送を行う
  4. サイトにプールされた売上金を自分の銀行口座に移動する

オークションサイトよりも、安定的に現金化ができるという点でフリマサイトは優れていますが、注意しなければならないのは、「メルカリなどの大手フリマサイトでは金券類の出品は禁止されている」ということ。

そもそも出品することができないため、メルカリでitunesカードを売ることはできません。

メルカリで「itunesカード」と検索をかけると多数の商品がヒットしますが、それらはitunesのステッカーだったり、使用済みのitunesカードだったりします。未使用の金券は出品してもすぐに削除されてしまうのです。

他のサイトも同様の規定を儲けていることが多いため、現状フリマサイトでitunesカードを売るのは非常に難しいと考えてください。

ギフト券買取サイトでの流れ

itunesカードを売るのに最もおすすめの方法が、こちらとなります。

買取タイガーなどのギフト券買取サイトを利用すれば、itunesカードを80%~90%の買取率で売ることができ、即日現金を受け取れるうえ、商品発送等の手続きをする必要もありません。

それこそ、BOOKOFFに本を売るようなイメージで利用することができます。

買取の流れ

  1. 各サイトのHPから買取申込を行う
  2. 申込の際に身分証明書を写真で提出する
  3. 担当者から折り返し連絡があるので、ギフト券番号を提出
  4. 番号の有効性が確認でき次第、指定の口座に現金が振り込まれる

ポイント

お店に行ったりする必要はなく、やり取りはすべてメールもしくは電話で行われます。利用に当たっては審査もないので、学生やフリーターの方でも利用可能です。

買取サイトは振込も最短5分程度とスピーディですし、クレジットカードの現金化をしたい方は買取サイトを利用されるのが良いでしょう。

iTunesカード買取おすすめランキング12選|買取の具体的な流れと高い買取率で現金化する3つの方法

iTunesカード買取おすすめランキング!換金率・現金化の流れ・高く売る方法

続きを見る

itunesカード買取の際に必要なものや相場について

itunesカードを売却する際には、いくつか提出しなければならないものがあります。また、itunesカードがどれくらいの値段で売れるのか=相場についても知っておいた方が良いでしょう。

itunesカード買取に必要なもの、書類は?

利用する媒体にもよりますが、itunesカードを売却するには、以下のものが必要となります。

  • itunesカードのギフト券番号
  • 免許証や保険証などの身分証明書
  • 現金受取用の銀行口座

上記の3つは、買取サイトを利用する際に必要となります。

itunesカード買取サイトは古物営業法に則って運営されているため、買取希望者の身分証明書を必ず確認しているのです。提出できない場合には買取を断られてしまいますので、ご注意ください。

itunesカード買取の相場は?

itunesカードの買取価格も、利用する媒体によって変わってくるものの、相場はだいたい額面の80%~90%になることがほとんどです。

買取サイトや店舗型ショップは毎日「買取率」を設定し、そのパーセンテージに基づいて買取価格を決定していますが、買取率は大体80%~90%の間を行き来します。

サイトによっては買取率とは別に1回数百円の振込手数料を設定していることもありますので、複数のサイトの買取率を比較する際には、手数料込みの「実質買取率」を見るのがベストです。

itunesカード買取に関して注意しておきたい5つのこと

itunesカードの買取サイトを利用する際には、いくつか注意しなければならないことがあります。

場合によっては買取を断られてしまったり、サイトの利用を禁止されてしまったりする可能性もありますから注意が必要です。

以下にまとめましたので、1つずつ確認していきましょう。

住民票やマイナンバー通知カードでは本人確認ができない

itunesカードを買取サイトや店舗型ショップに売却する際には、身分証明書の提出が必要と言いました。

身分証明書として有効なものは、免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカードなど、公的機関により発行された「身分証明書」に限られます。

住民票やマイナンバー通知カードは身分証明書には該当しないため、それらの書類で本人確認を行うことはできません。

提出ができない場合には買取を断られてしまいますので、免許証などの身分証を必ずご用意ください。

なお、店舗型ショップに買取依頼をする場合には身分証明書の現物が、買取サイトに依頼する場合には身分証明書の写しが必要となります。店舗型ショップだと「身分証の写真」では本人確認ができません。

店舗型ショップには身分証の現物を、買取サイトには身分証の写真を必ずお持ちください。

使用済みのギフト券番号は買い取ってもらえない

itunesカードに記載されているギフト券番号が使用済みであった場合には、買取をしてもらうことはできません。ギフト券番号は1度でも使用すると「使用済み」となり、2度と同じ番号は使えなくなってしまいます。

自分のアカウントに登録した番号を買取サイトに持って行っても当然買い取ってもらうことはできませんし、下手をすると詐欺未遂事件として警察に被害届を提出されてしまいます。

空売り(無効のギフト券を売ること)は故意ではないからといって許されるものではありません。

金券ショップを利用する場合はもちろん、フリマサイトやオークションサイトでitunesカードの販売を行う場合にも、無効のギフト券番号を出品してしまわないよう注意してください。

売却したギフト券番号を自分で使ってしまわないよう注意する

買取サイトを利用した場合、itunesカードのギフト券番号は振込完了後も手元に残ることになります。その番号はしっかりと削除し、自身で使わってしまわないよう注意してください。

買取サイトに売却したギフト券番号を使用する行為は、詐欺や窃盗に該当する可能性があります。売りに出したギフト券番号は絶対に使用せず、番号の書かれたメールやカードは速やかに廃棄してください。

同様に、売却済みのitunesカードを第三者が使ってしまうことのないように注意をする必要もあります。

カードを廃棄する際には、番号部分を破る、黒塗りにするなどの配慮が必要となります。

クレカ現金化のためにitunesカードを売る場合は、利息負担に注意

クレジットカード現金化のためにitunesカードを売買する場合には、利息負担に注意する必要があります。

特にリボ払いは返済が長期化しやすく利息負担が大きくなる傾向にありますから、注意しなければなりません。

iTunesカード買取サイトをクレジットカード現金化の目的で利用する場合は一括払いを指定することをおすすめします。

カード会社にバレる危険性もゼロではない

itunesカードの売買に違法性はありませんが、クレジットカード現金化のためにクレカを使用することは、各カード会社が禁止しています。

バレると最悪カードを停止されてしまいますので、現金化のためにitunesカード売買をするのなら、

  1. 現金化に使うカードは普段からこまめに使うようにする
  2. 1回数十万といった大きな取引はできるだけしない
  3. まとまった額の現金が必要な場合には何度かに分けで現金化する

などの工夫が必要となります。普段全くクレジットカードを使わない人がいきなり10万円分、20万円分のitunesカードを購入すると怪しまれる危険性が高くなりますので、現金化をするのなら普段からクレカを使っておくことが大切です。

もっとも、クレジットカードの現金化を厳密に禁じてしまうと、クレジットカードで購入した本やゲームソフトをBOOKOFFに売るということもできなくなってしまいますから、カード会社もそこまでうるさくは言いません。

家賃や税金を支払うために数万円分の現金化をするくらいなら、怪しまれることもまずないのでご安心ください。あくまで「リスクもないわけではない」というお話です。

iTunesカード買取の仕組みと注意点まとめ

この記事ではiTunesカード買取の仕組みについて解説してきました。

ポイント

買取サイトでは申し込み者のギフト券コードを買取り、その代わりに現金を指定口座に振り込むといったシステムを取り入れています。

電子ギフト券はコードを送信するだけで買取手続きが行えるため、一般的なギフト券のように現物を送付する必要もなくスムーズは取引が可能というわけです。

紹介した注意点を守ればだれでも簡単に換金できるので、手元に不必要なiTunesカードがある方は買取サイトで換金してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
金田一 真奈美

金田一 真奈美

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-電子ギフト券買取