itunesカード買取は身分証なしでも可能?状況別に調査してわかったこと

itunesカード買取 身分証なし

ギフト券を現金化したいなぁと考えた際に、「itunesカードの買取は身分証なしでも可能なのか?」と疑問に感じるかと思います。この記事では主に、

などについて、詳しく紹介していきます。

最終的にitunesカードの買取の際に身分証を提示するメリット、身分証の提示なしで買取申し込みをするデメリットについても解説しています。

itunesカード買取で、身分証の提示をすることに抵抗や不安を感じている人は、この記事を最後までじっくり読んで解決してください。

itunesカード買取の際に身分証が必要なケースについて

ポイント

itunesカードの買取をする際に身分証の提示が必要なケースには、「ギフト券買取サイトを利用する場合」と「店舗で買取を依頼する場合」が挙げられます。

それぞれのケースについて詳しく説明します。

ギフト券買取サイトを利用する場合

itunesカードを現金化する方法としては、ネット上にあるギフト券買取サイトを利用するのが主流となっています。

ギフト券買取サイトでは、初めて利用する場合には必ず身分証による本人確認が必要となります。

本人確認で有効な身分証としては、以下のものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート
    など

ギフト券買取サイトの公式サイトには、本人確認が必要であることと有効な身分証の種類を記載していることが多いです。

これらの身分証明書を所有していない場合でも、公共料金の請求書または領収書などが提示できれば対応してくれる買取サイトもあります。

itunesカードの買取をしてもらいたいけれど本人確認に使える身分証がない、という場合はスタッフに相談してみてください。

店舗で買取を依頼する場合

itunesカードは金券の1種なので、金券ショップやリサイクルショップなどに買取を依頼しようと考える人もいるでしょう。

しかし、itunesカードは一般的な金券ショップ等の買取店舗で取り扱っている商品券やチケットとは異なり、買取対象外となっていることがほとんどです。

これには理由があり、店舗ではitunesカードが有効なものであるかを確認する手段がないなどの事情があるためですが、仮にitunesカードの買取に対応している店舗があったとしても、やはり買取時には身分証の提示が必要となります。

運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードなどの身分証を提示して本人確認ができなければ、買取可能な店舗でも対応してもらうことはできません。

itunesカード買取の際に身分証なしでも可能なケースについて

それでは、itunesカード買取の際には絶対に身分証がなければならないのかというと、実はそうとも限りません。

ポイント

itunesカード買取の際に身分証なしでも可能なケースには、「オークションサイトに出品する場合」「知人に買取してもらう場合」「家族などに代わりに買取サイトで現金化してもらう場合」が挙げられます。

それぞれのケースについて、注意点も合わせて詳しく説明します。

オークションサイトに出品する場合

itunesカードは、オークションサイトで買い手を探すことが可能です。

オークションサイトであれば、自分で価格を決めることができ、タイミングよく購入希望者の目に留まることができれば、思った以上に高く売れる可能性もあります。

ポイント

オークションサイトを利用する際には個人情報を登録する必要がありますが、身分証を提示しなくても登録することが可能です。もちろん、購入者に身分証を見せる必要もありません。

ただし、購入者も身分証を提示することなくオークションサイトを利用しているため、身元のはっきりわからない相手と取引をしているということにもなります。

大抵は良識のある購入者と取引を進めることができるはずですが、時にはお金を払ってくれなかったり、音信不通になったり、クレームをつけられたりというようなトラブルに発展する可能性もあります。

また、オークションサイトよりもさらに主流となっているメルカリやラクマといったフリマアプリでは、itunesカードを含む金券類の出品自体が禁止されているので注意しましょう。

知人に買取してもらう場合

ポイント

itunesカードを現金化したいけれど、身分証を提示して業者と取引することに抵抗がある場合、なんらかの事情で身分証が提示できないという場合には、知人や友人に買取してもらうという方法もあります。

オークションとは違い、見知らぬ人と取引するよりも安心感があり、直接手渡しで取引ができるという点もメリットです。お互いに顔見知りで詐欺などの心配がなく、当然身分証の提示など必要ありません。

ただし、そもそも周りでタイミングよくitunesカードを購入したいと考えている人がいるかどうかが、問題となります。

いくら親しい人や知り合いであっても、使うことのないitunesカードを買い取りたいという人はいないでしょう。

家族などに代わりに買取サイトで現金化してもらう場合

ポイント

たとえば自分がまだ未成年だったり、身分証を提示できない事情がある場合には、家族などに頼んで代わりに買取サイトに申し込みをしてもらうという方法もあります。

身分証を提示できる家族がいれば、自分の持っているitunesカードを代わりに売ってもらえば問題ありません。

しかし、家族や周りの誰にもバレずに買取サイトを利用したいというときには、この方法を使うことができません。

また、いくら頼まれても買取サイトに身分証を提示することに抵抗があったり、買取サイトと取引を行うことに消極的な人もいます。無理矢理頼み込んでも、関係性が悪くなる可能性があります。

よほど理解があり協力的な人でない限りは、あまり無理なお願いをしないようにした方が良いでしょう。

itunesカード買取時に身分証が必要な理由2つ

itunesカードの買取時には、なぜ身分証の提示が必要となるのでしょうか?

以下にまとめましたので、それぞれの理由についてわかりやすく説明します。

古物営業法で義務付けられているため

店舗型の買取業者では、中古品の買取や販売をするためには古物営業法という法律を遵守する必要があります。

各都道府県の公安委員会から認可番号を取得しなければ、営業することができません。

itunesカードの買取サイトでも、実店舗を設けていなくても店舗型の買取業者と同様に、古物営業許可を得て営業しているサイトがたくさんあります。

ポイント

古物営業法では、買取の際に本人確認として身分証の確認をすることが義務付けられています。つまり、身分証の提示が必要な買取サイトは、法律を守って営業している優良サイトであると判断することができます。

身分証の提示を求められたからといって、決して個人情報を盗んだり悪用するという目的ではありません。

ギフト券買取サイトでは、初回利用時には身分証での本人確認か必須ではありますが、2回目以降の利用時には必要ないというサイトが多いです。

初回のみ身分証を提示できれば、2回目以降は身分証なしでスピーディーに取引を行うことができます。

不正利用を防ぐため

itunesカードは、一般的な買取店舗で取り扱っている金券類とは異なる特性を持っています。見た目だけでは有効なカードなのか未使用であるのかを確認することができません。

買取作業に入ってから、有効化されていないカードであったり、使用済みのカードであると発覚する場合もあります。

そのような不正利用のリスクも考えて、買取サイトでは初回利用時に必ず身分証で本人確認を行っています。

もちろん、故意に不正利用を企んではいなくても、購入時になんらかのミスで有効化されていなかったり、誰かから譲り受けたitunesカードが使用済みだったというケースもあります。

しかし、買取サイト側にとって使用できないiitunesカードを買取してしまうリスクを避ける必要もあるので、本人確認をすることで対策をしているのです。

itunesカード買取で身分証を提示するメリット・デメリット

itunesカード買取の際に身分証を提示することには、メリットとデメリットがあります。

それぞれの内容について詳しく説明するので、買取依頼をする前に一通り確認しておきましょう。

身分証を提示するメリット

身分証の提示を求める買取サイトは信頼できる

古物営業法に従って営業している買取サイトは、初回買取時に身分証の提示を必須としています。

つまり、身分証の提示を求める買取サイトは法律を守っているので、安全性の高い信頼できるサイトだということがわかります。

身分証を提示することでスムーズに買取してもらえる

itunesカードの買取を希望する人には、できるだけ早く現金を調達したいという事情があることも多いです。

買取サイトは基本的にスピーディーな即日買取・振込対応を行っていますが、初回利用時には身分証による本人確認を慎重に行います。

買取申し込みをする前にあらかじめ有効な身分証を手元に用意し、必要なタイミングですぐに提示することができれば、その分買取手続きをスムーズに進めるけどができ振込までにかかる時間も短縮されます。

itunesカード買取でスピードを重視するなら、身分証の提示が必要な買取サイトを利用することがおすすめです。

身分証なしで買取申し込みをするデメリット

オークションサイトなど時間がかかる方法しかない

身分証なしでitunesカードの買取を希望するから、買取サイトではなくオークションサイトに出品をしたり、周りの人に直接買い取ってもらうという方法を選ぶしかありません。

自分で身分証を提示して買取サイトを利用するよりも買い手が見つかるまでに時間がかかり、急ぎでお金が必要な時には向いている方法とはいえません。

オークションサイトで取引をする場合は、個人間の取引となるのでトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

身分証の提示をせずに、スピーディーで安全なitunesカードの取引を行うことは難しいということになります。

安全性の低いサイトや悪質サイトの場合がある

古物営業法を遵守して営業している買取サイトでは、買取時に身分証の提示が必須とされています。

しかし、ネット上を探せば中には「身分証の提示なしでitunesカードの買取が可能」という買取サイトを見つけることがあるかもしれません。

注意

身分証の提示が不要と聞くと、個人情報漏洩の心配もなく手間もかからないと考える人もいますが、そのようなサイトは違法行為を行う悪質な業者が運営している可能性があります。

たとえ身分証の提示をしなくて済んだとしても、実際の買取率が極端に低かったり、買取代金が振り込まれない、個人情報を悪用されるなどのリスクが考えられます。

身分証なしでOKという買取サイトがあるとしても、メリットよりもリスクの方がはるかに多いと考えて避けるようにしてください。

iTunesカード買取申し込み時の身分証あり・なしについてまとめ

itunesカードの買取でギフト券買取サイトなどの業者と取引を行う場合、安全面でも身分証の提示が必要であることがお分かりいただけたでしょうか。

オークションサイトを利用する場合や、周りの知人などに買取希望者を見つけることができる場合には、身分証がなくてもitunesカードを現金化することは可能が、安全性や取引のスピードの面でデメリットも多いのが事実です。

ポイント

itunesカードを安全にスピーディーに買取してもらうなら、やはり古物営業法を遵守して営業している買取サイトを利用するのがおすすめです。

法律を守って営業している買取サイトであれば身分証の提示は必要ですが、安全な取引を行うことができます。

面倒であっても、信頼できる買取サイトに身分証の提示をして買取申し込みをしましょう。

  • この記事を書いた人
金田一 真奈美

金田一 真奈美

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-電子ギフト券買取