商品券をクレジットカードで購入して現金化しても大丈夫?商品券を現金化する方法!

クレジットカード現金化は、商品券で行える?

自身で商品券(ギフト券、ギフトカード)を購入、転売することで、クレジットカード現金化を行うことができます。

自身で行うことで、現金化サイト側に支払う手数料が発生しないメリットがあります。

その一方、【購入できる商品券に制限がある】、【購入~転売まで、すべて自分で行う】といったデメリットも。

今回は、商品券を利用してクレジットカード現金化を行う方法メリットデメリットの情報をまとめました。商品券を利用して、現金化を検討している方は、情報を参考にしてみてください。

商品券をクレジットカードで購入して現金化するのは法律違反にはならないの?

商品券でクレジットカード現金化するのは法律違反にはならないの?

違法ではない理由

違法ではない理由は、クレジットカード現金化を規制する法律が存在しないからです。しかし、上でも触れたように無制限にクレジットカード現金化が認められているわけでもありません。

今後規制する法律ができる可能性もないわけではありませんので、法律違反ではないからと無意識に繰り返すのは非常に危険だと言えます。

カード会社の規約には違反する

法律違反ではありませんが、カード会社の規約には違反してしまいます。

利用規約を良く読めば書いてあることなので、理解している人もいるかもしれませんがしかし、理解していない人の方が多いと言われています。

規約違反となるとカードの利用停止や強制解約などの措置が講じられてしまいます。

 

クレジットカードで購入できる商品券の種類

信託系商品券

クレジットカード会社が発行している商品券を信託系商品券と言います。

有名なものではJCBギフトカードやUCギフトカードなどで、そのカード会社が発行しているカードでし買えないなどの条件がありますが、必ずそうであるわけではありません。

百貨店販売の商品券

アメリカン・エキスプレス発行の商品券のことで、様々な百貨店で使えるという特徴があります。

Amazonギフト券

クレジットカード現金化で最も利用されているのが、Amazonギフト券ではないでしょうか。

様々なタイプがあり、業者を利用する場合タイプによっては買取を受け付けていないものもあるため注意が必要です。

Amazonでのショッピングで使えるため、換金率は比較的高いのが特徴です。

新幹線回数券

JRのみどりの窓口やみどりの券売機で購入できるものです。

商品券ではないという人もいますが、クレジットカード現金化で高額買取されているため注目が集まっています。

区間によって換金率が違うという特徴があります。

商品券をクレジットカードで購入して現金化する流れ

商品券で、クレジットカード現金化を行う場合の方法

step
1
商品券を決める

最初にクレジットカード決済で購入する商品券を決めます。

高く換金できれば何でもよいという人もいるかもしれませんが、例えば新幹線の回数券の場合はわざわざ駅まで買いに走らなければならないため、手間になります。手間なども考えて選ぶのがコツです。

step
2
クレジットカードで商品券を購入する

商品券を選んだらクレジットカードで購入しましょう。この時、クレジットカードにショッピング枠が残っているかどうか事前に確認しておくようにしましょう。クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使うものなので、残高がないとできないからです。

step
3
購入した商品券を金券ショップを売却する

商品券を手に、金券ショップに向かいます。ショップごとに換金率も違いますので、どこが高額買取をしているのかチェックを欠かさないようにしましょう。店舗によっては事前に予約しないと受け付けてくれないところもありますので、予約が必要かどうかの確認もしておきます。

step
4
現金を受け取る

無事商品券を売却できれば、最後に現金を受け取って終了です。

商品券を使ったクレジットカード現金化のリスクや注意点

金額が大きいとカード会社に疑われるリスクがある

繰り返しの現金化が危ないのは述べたばかりですが、それだけでなく金額が大きいと疑われやすくなります。

特に今まではそこまで大きな額でショッピングしていなかったにもかかわらず、突然高額の買い物をするようになった、となればカード会社に疑われるようになります。

いずれにしてもやるならば少額の現金化がおすすめです。

やり方を間違うカード利用停止になるリスクがある

商品券を使ったクレジットカード現金化をする場合、繰り返しするのは大きなリスクが伴います。

カード会社は利用者のカード履歴を把握しているため、おかしなお金の動きがあると現金化を疑います。

そのため、年間を通して1、2回などであれば問題ないかもしれませんが月に何度も繰り返すというのは怪しまれるリスクは当然大きくなってくるのです。

このように間違った方法で現金化をすると、カードが利用停止になるリスクがあります。

疑われない範囲で利用する

仮に疑われたとしても、しっかりと対応できれば問題ありません。

しかし、クレジットカード現金化をするつもりがなくてもカード会社から連絡がくることもありますので、利用者は気分を害することでしょう。

これを避けるためにも、疑われない範囲で利用することが大切なのです。

商品券をクレジットカードで購入して現金化をするメリット、デメリット

商品券でクレジットカード現金化を行うメリット、デメリット

クレジットカード現金化を商品券で行う場合、次のようなメリットデメリットがあります。

メリット①:違法性やリスクがほぼゼロ

商品券を現金化した場合のメリットですが、違法性やリスクがほぼゼロに等しいことが挙げられます。

そもそもクレジットカード現金化は法律違反というわけではなく、あくまでもグレーゾーンな状態です。そのため、クレジットカード現金化をしたからといって犯罪になるわけではありません。

また、リスクもないに等しいので安心して行うことができます。これまで利用者側が逮捕されたという事例もないので、今すぐに現金が必要だいう人に向いているサービスなのです。

メリット②:換金率が高い

換金率が高いのもメリットです。

業者によって違いはあるものの、大体85%から98%くらいで基本的に80%以上は確実だと言われています。少しでもお得に換金したい場合には、しっかりと調べた上で利用することが大切です。

デメリット①:手間と時間がかかる

商品券のクレジットカード現金化は手間と時間がかかります。わざわざ商品券を購入し、それを出品する際に写真を撮るなどしなければなりません。

ただポンと買取に出せば簡単なのですが、利用者が色々しなければならないことがあるので面倒なのです。

デメリット②:一度に高額の現金化はできない

商品券の場合、一度に高額の現金化はできません。

そもそもクレジットカード現金化では高額の現金化をするとカード会社に怪しまれるリスクがあるので、どうしてもできないのです。

デメリット③:カード利用停止の可能性

上記のようにカード会社に怪しまれると、場合によってはカード利用停止に追い込まれる可能性があります。

カードが使えなくなると現金化はもちろんショッピングもできなくなるので、大きなデメリットと言えます。

クレジットカード現金化を商品券で行う方法のまとめ:手数料は不要だが、手間が増える

クレジットカード現金化を商品券で行う方法のまとめ:手数料は不要だが、手間が増える
自身で商品券を購入、転売することで個人でのクレジットカード現金化を行うことはできます。

商品券を使ったクレジットカード現金化には、メリットだけでなくデメリットもあります。

現金を手にできるため良い面ばかりが注目されてしまいますが、その裏にはいくつものリスクが存在することも合わせて捉えておかなければなりません。

ただ、商品券の購入、転売先のチケットショップも自分で探さなくてはいけません。転売先を見誤ると、調達できる額が減ってしまいます。

事前に調達額を把握したい場合は、手数料は掛かりますが、クレジットカード現金化サイトを利用がオススメです。

現金化サイトなら、利用前に調達できる金額が明確にわかります。

また、買い取りなどの手続きもすべてサイト側が行うので手間不要。
初めてであれば約1時間2回目からは約15分で、指定した金融口座に入金されます。

手間なく確実に現金化をしたい場合は、現金化サイトを利用しましょう。

クレジットカード現金化を商品券で行う方法を動画で紹介(^^ゞ

以上、クレジットカード現金化は、商品券で行えるの?…でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クレジットカード現金化の仕組み