現金化で後悔しないための5つのポイント!現金化で後悔した人の口コミも紹介

クレジットカード現金化サイトの中には、

  • 手続き後にお金を振り込まない
  • 手続き後にお金を振り込まない

といった、悪質なサイトが存在します。

このようなサイトを利用してしまうと、

  • お金が振り込まれない
  • カードの不正利用

などといった多大な被害を受ける場合も。

そこでこのページでは、

をお伝えします。

気になる項目がありましたら、是非ご確認ください。

クレジットカード現金化で後悔する主なパターン4つ

クレジットカード現金化で後悔するパターンは主に以下の4つです。

それではそれぞれについて詳しくお伝えします。

クレジットカード利用停止処分を受けた

クレジットカード現金化をするのは決して違法ではありません。

しかしだからといって繰り返しやって良いものではありません。

その理由はカード会社の利用規約に触れる可能性があるからです。

仮に規約違反となると、カードの利用停止処分を受けることがあります。

現金化はもちろんのことカードでのショッピングまでできなくなってしまいます。

詳しくはこちら。

悪質業者による詐欺の被害に遭った

クレジットカード現金化業者の多くは優良店です。

しかし中には悪質な業者も存在します。

そういった業者に出くわすと、詐欺の被害に遭う怖さもあるのです。

実際、高い換金率に魅力を感じて利用したものの詐欺業者で後悔したという人も少なくありません。

個人情報を売られて闇金から連絡がきた

上記のような悪質業者を利用してしまうと、個人情報を悪用されてしまいます。

本人確認で個人情報を提示します。

そのため氏名や住所などが業者に明らかになってしまうのです。

悪質業者はこのような情報を仲間に売ることがあります。

そのため闇金からの連絡が鳴り止まないなど頭を悩ませるケースも見られます。

身に覚えのない督促状などが自宅に届くこともあるので、注意が必要です。

現金化のしすぎで支払いが追い付かない

クレジットカード現金化によって現金が手に入ります。

ですが購入した商品の代金はいずれ支払わなければなりません。

現金が簡単に手に入るからといい気になって繰り返すのは危険です。

理由は数十万~数百万円の請求が届き首が回らなくなる人もいるからとなります。

しっかり支払えるかどうか、計画をしてから現金化することが大切です。

「クレジットカード現金化を公開した理由」を動画でもまとめました。

是非ご覧ください。

クレジットカード現金化で後悔する人にはどんな特徴がある?

続いてクレジットカード現金化で後悔する人には、どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

6つのパターンが考えられます。

1つずつ、解説していきます。

焦って現金化業者を選んでしまう人

今すぐに現金が必要で、きちんと調べることなく現金化業者を選んでしまう人が多くいます。

ところがそのような人は現金化で後悔する可能性が高くなると言えます。

そこがたまたま優良業者ならば問題ありません。

焦っていると悪質業者を選ぶ可能性が高くなってしまいます。

なので、できるだけ事前に調べてから利用するようにしましょう。

サービスの説明文を理解していない人

クレジットカード現金化サービスの仕組みは基本的にどこの業者も変わりありません。

しかし、誰にも知られたくないのに購入した商品が自宅に届くことがあります。

そうなると、商品が届いたことで家族などにバレてしまうこともあります。

公式サイトのサービスの説明は簡単に理解できます。

なのでしっかりサービス内容を理解してから利用するようにしましょう。

口コミや評判を参考にしない人

クレジットカード現金化を利用する人は、口コミや評判を参考にしましょう。

最近では口コミなどをすぐに確認できます。

口コミ評判を確認することで、公式サイトにはない具体的な情報を把握できます。

事実、口コミや評判を参考にせずに現金化をして後悔したという人は数多くいます。

何度も繰り返し現金化をしてしまう人

上でも触れましたが、繰り返しの現金化は良くありません。

現金化を繰り返した結果、突然カード会社から連絡がきてカードの利用停止というケースもあります。

確かにクレジットカード現金化は素晴らしいサービスです。

だからといって繰り返すのはとても危険なものなのです。

カード会社の目につきやすくなってしまいますからね。

申し込んだ金額が丸々口座に振込まれると思いこんでいる人

クレジットカード現金化をすると、

「申し込んだ金額がそのまま口座に振込まれる」

というわけではありません。

業者によって違いがありますが、換金率がそれぞれで決められています。

金額に応じた率が適用され、その額が振込まれるのです。

例えば

  • 還元率90%の業者
  • 10万円で申し込む

この条件だと10万円がそのまま振込まれるのではなく9万円となります。

そこから振込手数料が差し引かれることもあります。

そのためこれらのことを知らない人はかなり後悔することになるでしょう。

都合の良い文言だけを取り入れる人

クレジットカード現金化業者の公式サイトを見ると、

  • 高換金率!
  • 最短1分で入金!

といった利用者にとって魅力的な文言が並びます。

ですが実際に利用すると

「宣伝文句とは違った!」

ということがあります

こういった文言を鵜呑みにすると後悔することになります。

なので、

  • クレジットカード現金化の仕組み
  • 口コミでの評判

などを頭に入れておくことはとても大事です。

クレジットカード現金化で後悔しないために行うべき5つのリスト

クレジットカード現金化で後悔しないために、事前に確認してほしい事をリストにまとめました。

どれもとても重要な事ですので、1つずつ詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化の基本をよく確認する

後悔しないためには事前にクレジットカード現金化の基本を確認しておくようにしましょう。

そもそもの

  • 現金化の仕組み
  • 利用手順
  • 実際の振込額

などですが、

  • 公式サイト
  • 比較サイト
  • 口コミ

などから情報を得ることができます。

慣れれば業者ごとでそこまで違いがないことが分かるようになります。

クレジットカード現金化業者の運営会社は信頼できるのか確認する

クレジットカード現金化業者を信頼できるかどうかは、運営会社の概要を確認すれば分かります。

会社概要には

  • 運営会社の住所
  • 運営会社の連絡先
  • 代表者名

などが記載されていて、このような情報を確認できれば基本的に信頼できる会社です。

ただ、中には記載されている電話番号が架空のものとなっている業者がいます。

そのため不安を感じた人は問い合わせてみるのもおすすめです。

口コミや評判の事前チェック

口コミや評判をチェックするのも大切です。

しかし、すべての書き込みが正しいものだというわけではありません。

中には悪質な嘘の書き込みも存在します。

なのですべてを鵜呑みにできるわけではありません。

ただ、できるだけ多くの口コミを確認することをおすすめします。

多くの口コミ情報を目にすることで、利用するべきかどうかの判断の参考にはなります。

そのため良い口コミや評判だけでなく、悪い面も確認できればモアベターです。

不自然な利用に思われないようにする

カード会社が現金化だと疑うのは、カード利用者の利用履歴が明らかに不自然な場合です。

定期的に高額の商品を購入したり、細かい額を出し入れしたりすると疑いの目は強くなります。

これを避けるためには、できるだけカードの不自然な利用をしないことです。

できる限り現金化と思われないように、期間をあけてカードを利用するなどの工夫が必要です。

実際にどのくらいの額が振込まれるのかの確認

クレジットカード現金化業者の中には、事前に無料見積もりができるところもあります。

ただそれ以外にも事前に振込まれる額が分かる場合が多いです。

  • 自身の利用額
  • それに応じた換金率
  • 振込手数料の有無

などから入金額がある程度分かるのです。

どうしても自分で計算できないのであれば、スタッフに問い合わせて相談してみても良いでしょう。

クレジットカード現金化で後悔した人の口コミ

まずはクレジットカード現金化を利用して、後悔した方々の口コミを見ていきましょう。

man2
クレジットカード現金化を利用したら、カードが停止になり、カード会社から30数万円の一括請求を受けました。結局、嫁に打ち明け、支払いはできましたが、カードも取り上げられました。こんな状況になるなら、消費者金融を使えばよかったです。
man1
初めて現金化を使いました。自分の確認不足もありましたが、当初より少ない額の入金でした。公式サイトに掲載されていた98%の換金率は最大値で結局は80%台。そこから、手数料などが引かれて、最終的には買い物額の70%ぐらいの振り込みでした。サイトの誇大広告に釣られました。支払いも12回払いなので、一年間はガマンしなければいけません。
woman5
振り込みは、時間通りにされたけど、その数日後から、私宛の電話、郵送物が増えました。しかも、怪しげなセミナーとかパワーストーンとか系のとこから。個人情報が漏れたのは明らかでした。今は一時期よりは、収まりました。唯一の救いは、クレジットカードの情報は大丈夫なこと。不正に利用された形跡ないけど、これからも定期的に確認しないといけないのが、大変です。
woman3
電話で申し込みして、買い物終わった後から、パッタリ連絡が途絶えました。ほかにも被害者はいたみたいで、Twitterではその会社のことが拡散されてました。ちゃんと前もって調べておけばよかったです。
man4
当初より、かなり少ない額の振り込みでした。最初は10万円の振り込みと言ってたけど、システムの手数料とか、振り込みの手数料とか引かれて、7万円もありませんでした。事情で当日にお金が欲しかったので、利用しましたが、時間に余裕を持って連絡していれば、他と比較もできたので、かなり後悔です。

後悔した方々は

  • カード停止
  • 振込額が少ない
  • 個人情報の流出

などの被害に遭っていました。

カード会社にクレジットカード現金化がバレたかな・・・と思ったらこちら。
現金化を疑われたらどうるする?現金化がバレる前に知っておくべき注意点

【後悔しないために】クレジットカード現金化優良サイトの探し方

クレジットカード現金化を行う場合、サイト選びで大事な点は次の2つです。

それではそれぞれについて詳しくお伝えします。

現金化業者の営業実績を見る

現金化業界は一度でも

  • 振り込まれない
  • 個人情報が漏れた

といった悪い噂が広まると、利用者が減り事業を畳みます。

一方、長く営業しているサイトは健全な営業を体現していることになります。

なので最低でも5年以上の営業実績を持つ現金化サイトを利用しましょう。

こちらで大手のクレジットカード現金化業者の情報を確認することができます。
クレジットカード現金化大手業者ランキング

現金化業者がカードトラブルに強いかを見る

現金化サイトの中には、顧問弁護士に監修済みの現金化サービスを提供している会社もあります。

ほかにも、

  • カードトラブル0件
  • 利用者トラブル0件

と公表しているサイトも。

危機管理に強いサイトを利用すれば、安全・スムーズな現金化を行えます。

クレジットカード現金化で後悔しない方法まとめ:営業実績が豊富なサイトを選びましょう

現金化サイト利用時は、事前の調査が大事です。

悪質なサイトを利用してしまうと、カードの不正利用などの被害を受ける場合もあります。

悪質サイトを避けたい場合は、まず営業実績を確認しましょう。

実績が長ければ長い分、健全な営業をしてきた証拠です。

換金率ではなく営業実績で利用サイトを選べば、後悔することなく現金調達ができます。

以上、クレジットカード現金化で後悔しないためにやるべき5つのこと!口コミも紹介…でした。

  • この記事を書いた人
金田一 真奈美

金田一 真奈美

お金に困った人たちに役立つ情報を発信。お金を借りる方法以外でお金を作る方法などをお伝えしていきます。

-現金化マニュアル